松山藩の名君、松平定通の行った倹約の励行

松山城

松山藩の名君、十三代目藩主、松平定通

松山藩の十三代目藩主、松平定通は、名君として有名です。そして、その定通の行った藩政改革の中では、倹約の励行が一番有名です。

定通が藩主であったのは、文化6年(1809年)7月から~天保6年(1835年)6月までの27年間ですが、その頃、松山藩の財政は窮地にあったのでした。その大きな原因となったのは、作物の凶荒の連続です。当時はその発生頻度が多く、松山藩は立ち行かなくなっていたのです。

記録によれば、作物の凶荒は、文化6年(1809年)、文化11年(1814年)、文化13年(1816年)、文政6年(1823年)、文政8年(1825年)、文政9年(1826年)、文政10年(1827年)、文政11年(1828年)、文政12年(1829年)、天保1年(1830年)、天保2年(1831年)、天保3年(1832年)、天保4年(1833年)と、定通の藩政中に13回も訪れたとあります。そして、農村の疲弊はかなり厳しくなり、松山藩の借財も45万俵に達したそうなのです。
「松山藩の名君、松平定通の行った倹約の励行」の続きを読む…

十三代目・松平定通の時代

松山城本丸と二之丸の写真です。クリックすると拡大します。

十三代目藩主、松平定通

文化6年(1809年)7月に松平定則が逝去したため、弟の勝丸(松平定通、さだみち)が、その後を継承しましたが、この時、年齢は僅か6歳でした。若くして松山藩の藩政を引き継いだ定通ですが、この後、27年間藩政を行います。

この、松平定通の行った藩政が素晴らしく、政権の安定化や文化面の発展のみならず殖産興業や倹約厳行などをすすめ、以前より続いていた松山藩の財政危機からの回復をも達成し、松山藩「中興の祖」としても仰がれました。

後に、この藩政時代は「爽粛院時代」などとも呼ばれており、松山藩の名君として名前を残しています。これは、定通が幼いころから叔父であり前老中兼将軍補佐であった定信による撫育を受けた影響であろうと言われています。

松平定信と言えば、一時は将軍候補にもなった定通の叔父で、将軍職は逃しましたが、老中となって行った寛政の大改革が有名です。
「十三代目・松平定通の時代」の続きを読む…