イメージ画像

松山城在番時代の歴史

松山城天守閣三階の写真です。クリックすると拡大します。

蒲生忠知の逝去

蒲生忠知の逝去(せいきょ:他人を敬ってその死をいう)については、寛永11年(1634)8月に参勤交代の途中、京都で病気にかかり、わずか30歳で逝去したという記録がある。

この折、蒲生忠知のに嗣子(しし:家を継ぐ子供)がなかったので、急遽、蒲生家は松山藩主として松山城に在城すること7年8カ月でお家断絶となってしまいました。

この投稿の続きを読む »

タグ



人気記事

最新情報

このページの先頭へ