長者が平~本丸登城道


松山城本丸への登城は、石垣を眺めながら、松山城の本丸へ、

リフトとロープウェイが到着する場所が、松山城の本丸手前にあたる「長者が平」という場所です。

若干のおみやげや、ソフトクリームなどを売っています。

ここからは、歩きで「本丸」へ・・・、そして「本丸本壇」にある天守閣を目指す事になります。

松山城は、姫路城や和歌山城と同じように、石垣のあるお城「本丸」のなかに、もう一つ石垣のあるお城「本丸本壇」があるような作りになっています。

ロープウェイの着く「長者が平」から、本丸の入り口までは、急いで歩けば8分~10分くらいですが、途中で通る戸無門や筒井門跡隠門などは、いずれも重要文化財になっているものです。

また、そこそこで、城下の景色が眺められたり、場所によっては、本丸本壇が望めたりする場所もあります。

できれば、ゆっくりと、石垣の様子や、門の古さ具合などを感じながら、登ってみていただきたいものであります。

私などは、こういう所を歩いていると・・・、400年前であれば、どうだったのであろう・・・、「一般の人々は、この坂を登れたのであろうか・・・、

私がその時代にいたら・・・、どれかの門の門番でもしていたのだろうか・・・」などと、くだらないタイムスリップをしながら、登ってしまいます。

この間などは、石垣や門などの写真を撮りまくりながら登ってみると、普段なら8分くらいな道のりなのに、なんと、1時間近くもかかっていました。

俳句はいかがでしょう

後戻りしますが、「長者が平」から「本丸」に向けての登り口付近に、俳句を投函できる箱と記入用紙が置いてあります。

登る際に、1枚持って登城し・・・、天守閣の三階で景色を眺めながら一句を読み・・・、帰りに投函していただければ、俳句の街松山が少しでも想い出深く残るかもしれません。

是非、お試しください。

コメントを残す