6黒門口登城道登りを体験

松山城、堀之内公園の写真です。クリックすると拡大します。

黒門口登城口手前に広がる堀之内公園

江戸時代に松山城三之丸であった場所一帯が、今の堀之内公園になっています。

つい最近・・・、と言っても数年前までですが、この場所には松山市市営球場(野球場)・競輪場・市営プール・がんセンターなどの公共施設がひしめき合って立ち並んでいました。

そのような施設の中で現在残っているのは、松山市民会館と愛媛県立美術館だけです。

ほとんどの施設が他の場所へ移ってしまい、さびしいような気もしますが、その変わりに、かなりの広さの緑地が出来ました。

時折行われる、イベントなども楽しみですが、お休みの日などに行くと広い緑地で子供連れの家族などが、よく遊んでいます。

その、はるか上の方には、松山城の天守閣が見えます。

このような景色も良いものです。

 

松山城、黒門口登城道の写真です。クリックすると拡大します。

黒門口登城道登り

多分、松山城にある4登城道の中で、黒門口登城道の登りが、一番足腰を鍛えることが出来る道でしょう。

黒門口登城口を入り、高い登り石垣を見上げながら、松山城二之丸の西側の塀沿いに登城道に入ってゆきます。

登り始めはゆるやかで、丁度良いくらいの坂道なのですが、次第に坂が急になります。

非常に良い運動です。

このような坂道は、ゆっくりと周囲の景色を眺めながら登ります。

時折、小鳥を見ることがありますが、なんという鳥なのでしょうか?

 

松山城、黒門口登城道の写真です。クリックすると拡大します。"

黒門口登城道終点の大手門跡へ到着

黒門口登城道も本丸側の終点に近ずくと、また、右手下方に二之丸から続く登り石垣が見え始めます。

ここまでくれば、もうすぐ大手門跡です。

大手門跡に近ずくと、突然本丸の石垣が現れます。

山中で突然現れる石垣には、いつも驚かされるのですが、この瞬間が大好きです。

「石垣」は、良いですねー。

コメントを残す