松山城本丸入り口の戸無門

戸無門の写真です。クリックすると拡大します。

戸無門のご紹介

戸無門は重要文化財に指定されている門です。

この戸無門は、松山城本丸の要害として存在しています。

昔から戸が無いために、戸無門と呼ばれていますが、何故、要害となる重要な守りの要なのに戸が無いのかについては不明です。

しかし、敵を防備の要である筒井門へ誘いこむための、戦略的な意味合いで戸無門を設置したらしい、という説もあります。

 

戸無門の写真です。クリックすると拡大します。

戸無門の建築様式

戸無門は建築様式としては、高麗門に分類されます。

高麗門とは、本柱2本と控え柱2本とからなる門であります。

本柱上に切妻屋根、控え柱上にも別に屋根がかかっており、主として城郭の門に用いられた門の様式です。

この戸無門をくぐり、左に曲がるとすぐに、大きな筒井門と隠門の手前のわずかな広場に出ますが、ここが、松山城を守るうえで最も重要で堅固な場所とされています。

 

松山城戸無門前広場の写真です。クリックすると拡大します。

戸無門手前の迷路

戸無門と筒井門、隠門とに仕切られたこの広場は、二ノ丸・三ノ丸から本丸へ、また東郭から通ずる本丸大手方面への正面の固めであります。

よって、城中最も重要かつ堅固な所であり、ここで敵兵をくい止める事を想定して、鉄砲や弓矢や石落としなどの装備が頑丈に施されています。

また、戸無門へ登ってくる手前に、急な右カーブの曲がり角がありますが、この通路は、乾門方面(直進方向:実は行止まり)と戸無門方面(急な右カーブ方向)へ敵を分散させるための迷路となっているそうです。

 

松山城「戸無門」の場所の地図

松山城「戸無門」の場所

コメントを残す