三代目・松平定行の歴史

松平定行の画像です。

三代目藩主・松平定行の歴史

蒲生忠知が逝去した翌年の寛永12年(1635)7月に、伊勢国(三重県)桑名城主であった、松平定行が、松山城主15万石として封ぜられます。

松平定行の父は、松平定勝といいますが、徳川家康の異父同母弟にあたります。

松平定行は、江戸幕府よりかなり信頼されていたということで、定行の松山就封は、四国地域を制圧する含みを持つものであったようです。

 

松山城天守閣の写真です。クリックすると拡大します。

松山城天守閣の改築の歴史

松平定行の行いとして有名なのが、天守閣の改築です。

定行が松山城主となって、4年後の寛永16年(1639)7月に松山城の大改築を始めます。

その内容は、門扉・石積み類の回収に加えて、当時五層の偉観を誇っていた天守閣を、なんと三層に改築するというものでした。

天守閣改築の大きな理由は、その地点が谷を埋め立てた山頂部であるため、建造物の構造上の安全を期するためであったと考えられています。

しかし、この説にもいろいあって、立派すぎる天守閣を、幕府側を気遣い三層へと低くした、という説を唱える方もいるそうです。

しかし、当時、城下の人々は、どのように、この工事をながめていたのでしょうか?

悔しがっていた者も、かなり多かったと思います。

・・・今でも、私は、かなり悔しいのですから・・・。

 

タルトの写真です。

松平定行が持ち帰った、・・・タルト?の歴史

松山銘菓といえば、「タルト」ですが、このタルトは、松平定行が長崎より持ち帰ったと言われています。

正保元年(1644)1月に定行は、長崎港の異国船取扱いに従事するため、幕府から長崎に「長崎屋敷」を与えられました。

正保4年(1647)6月に黒船2隻が長崎に入港したので、定行は幕府の命により、多数の家臣を伴い長崎に行ったそうです。

その折に、異国のお菓子・・・多分、「カステラ」に出会い、あまりの美味しさに、松山にて作らせたようであります。

五色そうめんの写真です。

タルトの他にも、松山名物として「五色そうめん」がありますが、実はこれも、寛永12年(1635年)、松平定行の松山赴任に従って移り住んだ長門屋市兵衛(松平定行の従者)が、松山でそうめんの商売を始めたのがきっかけとの事です。

なにかと、松山の「食」に良い影響を与えてくれた松平定行ですが、万冶元年(1658)に、家督を息子の定頼に譲って隠居しました。

コメントを残す