イメージ画像

松山城在番時代の歴史

松山城天守閣三階の写真です。クリックすると拡大します。

蒲生忠知の逝去

蒲生忠知の逝去(せいきょ:他人を敬ってその死をいう)については、寛永11年(1634)8月に参勤交代の途中、京都で病気にかかり、わずか30歳で逝去したという記録がある。

この折、蒲生忠知のに嗣子(しし:家を継ぐ子供)がなかったので、急遽、蒲生家は松山藩主として松山城に在城すること7年8カ月でお家断絶となってしまいました。

 

大洲城の写真です。クリックすると拡大します。

松山城在番(松山藩主不在)時代

突然、城主を失った松山城・・・。

やむなく・・・松山城および松山藩は、幕府の命令によって、当時伊予国大洲藩の第2代大洲藩主であった、加藤㤗興(かとうやすおき)および、山崎家治・川勝紀通らの預かりとなりました。

その預かりの期間は、わずかに11ヶ月でしたが、これを、松山城在番時代と呼んでいます。

 

大洲城天守の写真です。クリックすると拡大します。
 

松山城在番時代に行われた替地と、新しい藩主

松山城在番時代に、伊予大洲藩の飛び地となっていた風早群(むかしの愛媛県北条市あたり)の78か村と、松山藩領の伊予(今の愛媛県伊予市あたり)・浮穴両群のうちの20か村との交換が行われました。

この交換についても、いくつもの逸話がありますが、その一つとして・・・例えば、大洲藩がこの交換で得た伊予市あたりでは、この領地は長く「御替地」とよばれ、親しまれたらしいですが、文化14年(1817)に、大洲藩が布達(行政命令)でこれを「群中」と呼ぶように命じました。

いまでは、この「郡中」が、地名になり、地元には「郡中駅」もあります、地名ひとつにしても歴史を感じます。

なお、この替地は大洲藩側に大きい利益があったといわれていて、寛永13年(1636)8月に幕府によって公許(幕府が正式に許可を与える)されました。

さて、蒲生忠知が逝去した翌年の寛永12年(1635)7月に、新しい松山藩主が決まります。

松平定行です。





タグ

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

人気記事

最新情報

このページの先頭へ