松山城の完成、改築そして炎上と復興の歴史(2/2)

松山城

松山城天守閣の焼失その後

松山城の落成後、157年後の天明4年(1784年)元旦の真夜中に、落雷で本丸を焼失した松山城ですが、すぐに、城郭復興の計画が幕府より許可されたにも関わらず、その頃より松山藩の財政が窮地に陥ったため、松山城はなかなか再建されません。

そして、やっと松山城の天守閣の再建に着手したのは、火事より36年後の、文政3年(1820年)でした。これは、松山藩「中興の祖」としても仰がれた名君、十三代目藩主の松平定通の時です。松平定通は倹約の励行などで、松山藩の財政を立て直したのです。

しかし、財政を立て直して、やっと始まった松山城の復興計画は、また頓挫します。それは、松山城再興に着手して、15年後の天保6年(1835年)に、松平定通が逝去したことと、その後すぐに、本丸復興中の作業場が失火したことなどによります。そのような事があったため、松山城郭の復興工事は、また一旦頓挫したのでした。

 

松山城

松山城天守閣の復興

そして、松山城郭の復興への思いは、十四代目・松平定穀(勝善)に引き継がれます。勝善は、弘化4年(1847年)11月頃より、松山城の復興を再度開始します。そして、今度こそ完成に至るのでした。城郭全部が完成したのは、安政元年(1854年)事でした。

これは、火事発生から71年後の事です。これで、松山城は、江戸時代古城郭としては、最も新しい時代であり、完全な形として完成しました。

その後、松山城は平穏無事な時間を過ごして行きますが、松山城の復興からわずか14年後には、江戸時代が終わりを告げ、明治元年(1868年)を迎えます。城下では、大きく歴史が動いて行ったのでした。そして明治3年(1870年)に、火事で三之丸を焼失してしまいます。

さらに明治5年(1872年)には、二ノ丸も焼失してしまいます。なんか、松山城が丸裸になっていくようで寂しいのですが、この年に兵部省が城郭廃止令を出します。そして、松山城はこの年に大蔵省所管となったのでした。

 

松山城

相次ぐ火事のあった松山城

その後、松山城は大蔵省の所轄のままでしたが、大正12年(1923年)に大蔵省から、松山藩主の血筋である久松家に払い下げられます。そして、久松氏は、そのまま、松山城を松山市に寄付したのでした。ですから、松山城の持ち主が松山市になったのは、今から約90年前の事でした。

その後の松山城は、昭和8年(1932年)に放火のため小天守閣・多聞櫓・南隅櫓・十間廊下・北隅櫓・多聞玄関などの内郭を失います。

さらに昭和20年(1945年)アメリカ軍の空襲により、太鼓門・同続櫓・太鼓門東塀・同西塀・太鼓櫓・巽櫓・馬具櫓・乾門・同東続櫓・同西塀・天神櫓を焼失します。

そして戦後の昭和24年には失火により筒井門・同東西続櫓を失ったのでした。

どんどん松山城の形が無くなってゆきます・・・。

 

松山城

松山城の現在の姿

しかし、最近になって、松山城は部分的な復興を重ね、現在の形にまで復興したのでした。それらについては、国庫を使用して行われましたが、昭和44年(1969年)には、天守閣の屋根の葺替と外壁部の塗り替えを行います。

また、焼失した城郭も復興が開始され、昭和43年(1968年)には、小天守閣ならびにこれに続く櫓などが復興されます。また、昭和46年には筒井門、昭和47年には太鼓門、昭和48年には太鼓櫓と、次々に元の形に復興していったのでした。

ここで、非常に有難かったのは、城郭の復興工事が、他の地方で行われるような鉄筋コンクリートの近代建築で無かった事です。一説によれば、復元のための図面が多数揃っていたことに加え、松山市の担当者が、城郭をかっての木造にしたいという熱意を変えなかったからだとも言われています。「松山市」バンザイ!、お見事でした。

このような復興がすこしずつ行なわれ、また、二ノ丸も庭園として生まれ変わるなどして、今の松山城のがあるのですね。

コメントを残す